地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鹿児島・日置の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鹿児島・日置の地域情報サイト「まいぷれ」鹿児島・日置

話題のドラマ 西郷さんゆかりの地追っかけ隊!

西郷、奄美を去る

愛加那との別れ

西郷南洲野屋敷跡

ど~も! りゅうちぇるです!

 

第21話は、西郷さんと妻である愛加那の「薩摩に帰る帰らない」の押し問答シーンが多い回でした。

 

西郷さんと愛加那の間にも、ついに子供が産まれます。

そんな、幸せ絶頂の2人の前に大久保さんが奄美にやってきました!

そのときの大久保さんは出世し、名前も正助から一蔵に変わっていました。

西郷さんもそうですが、昔の人は名前がコロコロ変わるので、覚えるのも大変そうですよね~笑

 

久々の再開に喜ぶ西郷さんと大久保さんでしたが、奄美まで来たのには理由がありました。

それは、西郷さんを薩摩に連れて帰るという事でした。 大久保さんは、久光の側近として西郷さんを助けるため、3年かけ久光を口説き落とし、ようやく許しを得ました。

しかし、西郷さんの出した答えはNOでした。

たしかに、子供も産まれたばかりで、もう島に残る!と決心したばかりだったので、断る理由も分かります。 

1度は、諦めて薩摩に帰ったかのように見えた大久保さんでしたが、帰り際、愛加那に直接、西郷さんを連れて帰ると言ったり、極め付けは西郷さんが、斉彬から貰った短刀を渡すようにいいます。

その短刀を見た西郷さんは、もう心がブレて大変なことに・・・笑

家族の幸せを取るのか、薩摩に戻り国のために働くか、この2択を決めるのはとても辛かったと思います。

 

なんといっても1番辛かったのは妻である愛加那ですよ!

3人で幸せに暮らしましょう~となっている矢先、夫の友人が登場して薩摩に連れ戻すと言われる。 そして、だんだん薩摩に気持ちが行ってしまっている西郷さんがいる。

そこで、西郷さんとの別れを選んだ愛加那は、本当にすごいと思います!

このまま、西郷さんを自分の元に縛り付けておく事は出来ないと、思っていたんでしょうかね。

最後の西郷さんが、島を去っていく姿を見ている愛加那にジーンときました。

 

さぁ、今回紹介するゆかりの地は、西郷南洲野屋敷跡です。

この場所は、鹿児島市の西別府町あり、鹿児島実業高校のすぐ近くにあります。

野屋敷は、西郷さんが青年時代、貧乏だった家計を助けるために、開拓して里芋やサツマイモを植えていた農地と農事小屋があり、西郷さんはよく1人で滞在していたそうです。

また、西南戦争の際は、西郷さんの家族はこの場所で身を隠していたそうです。

 

鹿児島市:西郷南洲野屋敷跡

この記事に関するキーワード