地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鹿児島・日置の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鹿児島・日置の地域情報サイト「まいぷれ」鹿児島・日置

話題のドラマ 西郷さんゆかりの地追っかけ隊!

西郷さん再婚!

西郷さんは優男~

西郷松跡地

ど~も! りゅうちぇるです!

皆さん、第19話はご覧になりましたか?

 

今回のお話では、西郷さんにとって人生の転機とも言える出来事が起きました。

西郷さんも奄美に来て、少しずつ島民にも心を開き一緒に畑仕事を手伝ったり、島の子供たちに学問を教えたりと島にも馴染んできました。

 

そうした生活の中で、島の貧しい現業や島民が黒砂糖製造のために奴隷のように働かされている姿を目にします。

そんなある日、お世話になっている龍家の当主である龍佐民と、とぅまの兄である富堅が黒砂糖を隠していると言いがかりをかけられて薩摩藩の田中雄之介に捕まり拷問を受けてしまいます。

その次期の奄美では、嵐が頻繁にやってきて黒砂糖の原料であるサトウキビの収穫量が激減していました。 その影響で、薩摩藩に献上する黒砂糖が少なくなり、その言い訳として田中雄之介は島民が隠し持っていると言いがかりをつけていました。

黒砂糖の生産が追いつかないからといって、島民のせいにするのはあまりにも酷いですよね~。

とぅまと島民達は、ついに我慢の限界がきて、鎌やら木の棒やら持って代官所に殴りこみをかけます!

それを、島の役人の木場伝内に知らされた西郷さんは助けに行こうとしますが、木場伝内にたしなめられます。実は、木場伝内は大久保さんからこれ以上西郷さんが騒動を起こさないように見張るように言われていました。

しかし、その静止を振り切り西郷さんはとぅま達の向かった代官所へ向かいます。

そこで、西郷さんと田中雄之介のバトルが勃発します!

西郷さんの言い分は、「島民を助けるのが役人の役目だ!」

田中雄之介の言い分が、「島人は砂糖を少しでも多く収めるのが当然!」

とお互いに持論述べます。

西郷さんは、「人として許せんことは許せん!」と田中雄之介に歩み寄って黙らせたあと、牢屋の鍵を簡単に粉砕! 2人を助けて無言でその場から立ち去ります。

怒った田中雄之介はそのことを薩摩藩に知らせようとしますが、言い合っていた相手が死んだはずの西郷さんだと知り薩摩藩に知らせるのを取り止めにしました。(西郷さんだと知った時の田中雄之介の焦った顔はすごく面白かった笑)

その事件をきっかけに、西郷さんは島民からも見直され、また、とぅまも西郷さんのことが好きになっていきます。

決死を決めたとぅまは、西郷さんの家に行き、好きだと言うこと告白します。さらに、服まで脱ぎ、アンゴ(現地妻)にしてほしいと詰め寄ります。

自分をここまで立ち直らせたのはとぅまのおかげ。

そんな命の恩人をアンゴ(現地妻)のような扱いをするわけにはいかない!

 

そして、西郷さんは「おいの妻になってくいやんせ」

 

いや~西郷さんどんだけ優しいんだよ!笑

私も、西郷さんのような優しくて強い男になりたいものです~。笑

 

さぁ、今回紹介する場所は、西郷松跡地です!

先日、仕事の関係で奄美大島に行き、西郷さんのゆかりの地も行ってきました!

奄美にも、西郷さんゆかりの地はいくつかあるのですが、時間の関係でここしかいけませんでした・・・(また、行く機会があれば他のとこも行きたいな~)

1859年、奄美大島に来た西郷さんは龍郷の阿丹崎湊に上陸しました。その際、船を陸につなぎとめるために、とも網を結び付けたのがこの西郷松です。

西郷松は、残念なことに2011年に「立ち枯れ」ということで切り倒されてしまい、現在は松が立っていた場所に記念碑が立っています。

奄美編を放送しているタイミングで、自分も実際に奄美大島に行き、西郷松がなかったのは残念ですが、西郷さんが上陸した場所に行けた事にすごく感動しました♪

 

大島郡龍郷町:西郷松跡地